足がむくみの原因

足のむくみの原因は何?

足のむくみの原因

誰もが経験したことがある足のむくみですが、どのような身体の仕組みでむくんでしまうのでしょうか?


足のむくみを改善するためには原因をしっかりとおさえることが大切です。


足のむくみと言っても基本的なメカニズムは足に限らずどこのむくみでも同じなので、まずは全般的な原因について理解しましょう。


さっそくむくみの原因ですが、簡単に言ってしまえば2つに分けることができます。


  • 体内への水分供給量が多い
  • 水分の回収量が少ない

という単純な現象なのですが、上記のようなことがなぜ起きているのかがとても重要です。


一時的なものから命に関わるものまでさまざまな理由があるからです。


そこで水分量うんぬんの前に体内に水分がどのようにいきわたるのか?について簡単に説明します。


足のむくみを引き起こす3つの理由

体の巡りが良い

通常、人間の身体にある細胞の1つ1つは、栄養分やエネルギーを作りだすための酸素が必要です。


この酸素を運ぶのが血液ですね。心臓をポンプとして血液が体中を循環していきます。


そして、この血液の中の水分が血管の外に染み出すことで細胞の隅々に酸素を届けています。この染み出した液を組織液や間質液と呼ばれます。


さらに細胞に行きわたって役目を終えた組織液は、細胞が脂肪などを使ってエネルギーを作り出したときにできた老廃物を回収して、静脈に戻ったり一部はリンパ管を通って心臓へ帰ります


このサイクルがうまく機能していればむくんでしまうことはありません。


しかし、以下のような様々な理由で細胞間の水分バランスが崩れてむくんでしまうのです。


1.細胞間の水分が多すぎる

  • 水分の過不足
  • 塩分の取り過ぎ

2.血液やリンパの巡りが悪い

  • 運動不足
  • 筋力の低下
  • 心不全

3.血管や血液の働きが悪い

  • 腎臓や肝臓に異常
  • 下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)

1つずつ説明していきましょう。


細胞間の水分量が多いことによるむくみ

血液からの供給される水分量が多い状態になってしまうのは、単純に水分の摂り過ぎということがありますね。


これは当たり前の話なのですが、実は水分不足によっても細胞間の水分が多くなります


さらに塩分を多く摂り過ぎることによっても細胞の水分量が多くなるのです。


なぜ水分が不足しているのにむくむの?

水分

水分が不足しているのにむくんでしまうその理由は、体が体温調節のための水分を優先的に確保しようとするからです。


人間の身体の大切な働きの1つに体温調節がありますね。この体温調節で欠かせないのが汗をかくことです。


いくら水分不足だからと言って汗が不足して体温を上昇させるわけにはいかないので、体は尿などの排出を抑えて、より多くの水分を身体の細胞にとどめようとするのです。


その結果、体はむくみやすくなるのです。


水分の摂り過ぎと水分不足のどっちがむくみの原因?


塩分を摂り過ぎるとなぜむくむの?

塩分

塩分の取り過ぎによるむくみもよく聞く話ですが、どのようなメカニズムか知っていますか?こちらは比較的単純で血液のナトリウム濃度が関係しています。


塩というのは化学で習った名前で言うと塩化ナトリウムです。


血液はこのナトリウムの濃度を一定に保とうとするため、塩分を摂り過ぎると血液はナトリウム濃度を薄めるために水分を多く取り込もうとするのです。


その結果、細胞へ供給される水分量も多くなるためにむくんでしまうのです。

血液やリンパの流れが悪いことによるむくみ

血液やリンパの流れが悪いと、細胞間に残っている不要な水分をうまく回収できないためむくみが発生します。


そして、血液やリンパの流れが悪くなる理由としては、以下のようなものがあります。


運動不足と筋力の低下

運動不足

運動不足、そして筋力低下はどちらも筋肉の働きが少ないために血液やリンパの流れが悪くなり、水分をうまく回収できない状態です。


筋肉は力を使う時に縮んで膨らみます。腕の力コブを想像すれば膨らんでいるのがわかりますね。つまり、力を入れるような運動をすると筋肉が膨らみ、それによって血管やリンパ管が押されてポンプの役割を果たしてくれるのです。


運動不足だと筋肉が動きませんし、筋力が低下すると筋肉が小さくなるためポンプとして押し出す力が小さくなり、血流やリンパの流れが悪くなりむくみやすくなるのです。このようなちなみに血管は逆流しないようにうまくできているので、筋肉によって押されると決まった方向に血液が逃げるように流れていきます。


心不全

心不全

心不全とは心臓が本来の役割を果たすことが出来ない、または働きが弱くなった状態です。そうなると血液を流すためのポンプ機能が弱くなってしまうため血液の流れが悪くなるので、水分調整がうまくできずにむくんでしまうのです。


心不全の場合は、体に必要なエネルギー源である酸素や栄養をうまく届けることができないので、多くの酸素を取り込もうとして息切れなども引き起こします。

血管や血液の働きが悪くなることによるむくみ

血液がしっかりと体の中を巡るようにちゃんと運動やマッサージなどををしても、そもそも血液の濃度を保つ機能や血管がうまく血液を保持する機能が弱っていては意味がありません。


このように血管や血液が根本的な機能を失ってしまうと、血液中の水分が通常よりも増えてしまったり、血管内で血液がうまく流れないために水分が滞ってしまうわけです。


腎臓や肝臓に異常がある

腎臓

血液の中に含まれているアルブミンというタンパク質の一種があります。このアルブミンは血液中の水分量を調節する重要な働きがあります。アルブミンの量が少なくなると水分を回収する力が少なくなるのです。


このアルブミンは肝臓で造られて体中で働いたあと腎臓に戻ります。腎臓で血液をキレイにしてまた体内を循環するわけです。この時に肝臓に何かしらの問題があるとアルブミンが作られる量が少なくなるため、血液が水分をうまく回収できずにむくみが起きます


また、腎臓に問題があると血液をキレイにする際に本来は取り除かれないはずのアルブミンまで不要なものとして排出されてしまうために、アルブミン量が減ってむくみが起きてしまうのです。

下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)

ふくらはぎ

これは静脈に備わっている逆流防止機能に問題があるということです。高齢者に多くみられる症状ですね。


通常は静脈に流れる血液は心臓に向かいますが、間違って逆方向にいかないようにところどころに弁が備わっています。しかしこの下肢静脈瘤になると、弁が正常に機能していないために血液が逆流可能な状態になり、重力に負けた血液がふくらはぎなどに溜まって血管がデコボコとして見えくる状態です。


こうなってしまうと、体の中の不要な水分が静脈を通して戻ることができないので当然むくんでしまいますね。

原因を知って適切な対策を取ろう

まとめ

このようにむくんでしまう理由はたくさんあります。


基本的に一時的なものであれば問題はないと思いますが、あまりにも症状がひどい場合はお医者さんに相談するのがよいでしょう。


むくんでしまうメカニズムをしっかりと理解して、自分のライフスタイルと照らし合わせることで、原因として考えられることが見えてくると思います。


水分が不足していたり、運動不足だったりといったことがわかれば、対策は簡単ですね。


むくみといってもいろんな原因があって、なんでもかんでもマッサージをすればいいというわけではなく、原因をしっかりとつかむことがとても大切なのです。


むくみやセルライトが気になる方へ 1日5分でOK!評判のボディマッサージクリーム