妊娠中に足がむくみやすいのはなんで?

妊娠中は足のむくみがすごくつらい

妊娠中

妊娠中に足などのむくみを強く感じるようになったという方は多いと思います。


実際に私も妊娠中は足がパンパンになっていたので、どこかおかしんじゃないんかと心配になったほどでした。


足を冷やさないようにと寒くなくても常に靴下を履いていたのですが、脱いだときにくっきりと靴下の跡が残り、元に戻らないんじゃないかと思うぐらいへこんでいることがありました。


むくみの何が心配かというと、妊娠中毒症(今は妊娠高血圧症候群と呼びます)ですね。


以前は妊娠中毒症の兆候としてむくみが指標として使われていましたが、今は参考程度という位置づけなのでむくみだけならそれほど心配ないでしょう(もちろん気になったら担当医に相談して安心材料とすることも大事です)。


ただ妊娠中はちょっとしたことにすごく神経質になりがちだから、ごく当たり前に起こる妊娠による体調変化などでも気になってしまうものです。


むくみが起こること自体は問題なくても、それによって「お腹の赤ちゃんに何かあったらどうしよう」という不安がストレスになってしまっては、逆に赤ちゃんに悪影響を及ぼしてしまいます。


妊娠中にむくんでしまうことはすごく一般的なことなんだと知って、余計なストレスにならないようにすることが大切です。


妊娠中に足がむくみやすい原因は?

血液量

妊婦さんの約3割はむくみに悩むと言われるほど、結構多くの人がひどいむくみを感じています。簡単に言うと原因は血液が多くなるからです。


考えてみれば当たり前ですが、赤ちゃんが唯一栄養を受け取れるのはママの血液からですね。


お腹の中で赤ちゃんが大きくなればなるほど多くの栄養が必要になるので、当然必要な血液も増えていきます。


それなのにママの体の中の血液の量が増えなかったら、ママも赤ちゃんも栄養が足りなくなってしまうので、血液の量が最大で1.5倍ほどに増えるのです。(出産時の出血にも耐えられるようにとも言われています)


血液が増えると言っても、主に増えるのは血液を構成する成分の半分を占める血漿(けっしょう)というほぼ水分でできた液体なんですね。


この液体は血管から外に染み出すことができて、細胞に酸素などを届ける働きをしているのです。


ただ、この血液の成分が増えすぎたり、ちゃんと回収されずに残ってしまうとむくみの原因にもなるのです。


妊娠していない人でも、長時間体を動かさないとこの血漿が細胞に残ってしまってむくんでしまうのですが、通常よりも血漿が多く体を動かしずらい妊婦さんがむくみやすくなるのはしょうがないことなんです。


むくみと妊娠中毒症

血液量

以前は妊娠中にむくみがひどくなることは妊娠中毒症の兆候であるとされていました。


しかし現在では病名とその定義が変わっています。


妊娠中毒症と言われていた頃の定義は「高血圧」「尿蛋白」「むくみ」の3つでしたが、今は妊娠中毒症と言わずに妊娠高血圧症と名前が変わり定義も「高血圧」のみに変わりました。


どうやら妊娠中毒症と言われていたころは、妊娠することで何かしら体に中毒症状を起こさせる物質が作られるために血圧が上がるなどの症状がでると思われていたので中毒症と言われていたようです。


しかし、いくら調べても中毒になるような成分は無い、でも高血圧になることが赤ちゃんに悪影響を及ぼすことは間違いないということで「妊娠高血圧症」という名前になったそうです。


今だに昔の影響でむくみ=妊娠中毒症と考えがちですが、今ではむくみそのものはそれほど気にしなくていいようです


妊娠高血圧症も原因がはっきりと証明されているわけじゃなくて、妊娠すると赤ちゃんの分の血液が増えるので、それに合わせて本来は血管が太くなるはず。しかし、まれに血管が太くならないために血圧が上がってしまい、さらに血流が悪いために赤ちゃんにちゃんと栄養が届きにくくなるために危険となるのです。


だからあまり妊娠中のむくみについては過剰に反応せず、お医者さんの指示に従っていれば特別問題はありませんし、それ以上に気にし過ぎることがストレスにならないようにすることがとても大切だと思います。