お酒とむくみの関係

お酒とむくみの関係は?

お酒

お酒を飲んでいるときはそれほど気にならないのに、朝起きると気付くのがむくみです。


このむくみは足だけに限らず体全体がむくんでいる状態で、特に朝起きた時は鏡をみて外出するのはやめようかと思うほどひどい顔になっていることもあります。


でも、お酒を飲んでいる時のことを考えてみると、飲んでいる最中は頻繁にトイレに行きたくなるし、しかも喉も乾くのでてっきり体の水分は無くなっているものだと思っていました。


だからこそ、水やジュースじゃ飲むことができないような量でもお酒なら飲めるんだろうと納得していました。


もしもアルコールによって水分が排出されやすくなっているなら、次の日の朝は身体がほっそりしていてもいいはずです。


それなのにむくみが出てしまうのはなぜなのか?


この疑問はお酒を飲んだ朝にいつも感じていましたが、どうしてアルコールを摂取した次の日はむくんでしまうのでしょうか?


お酒を飲むとむくみやすくなる原因と予防するための方法

肝臓

お酒を飲むことによってどのようなメカニズムでむくんでしまうのか、ということについてはすべてがはっきりしているわけではないようですが、基本的には水分の摂り過ぎが原因のようです。


でもなんかおかしいですね。


トイレにも頻繁に行っているし、喉が渇いているのに水分摂り過ぎ?どういうことでしょうか?


どうやらお酒によって脳が水分をうまく調整できなくなってしまうために、体内にはたくさんの水分があるにも関わらず水分が欲しくなってしまうようなんです。


もう少し細かく言うと、体内の水分の司令塔である脳が鈍って、必要なところにうまく水分を届けられていない状態になってしまうため、体が普段以上の水分を欲してしまうんですね。


まずお酒を飲むと、肝臓が体内のアルコールを分解するときに必要とする水分量を要求します。この時使う水分はアルコールと一緒に飲んだものではなくて、すでに血液として体内にあったものを使います。


アルコールの分解が終わると体外に出そうとしてトレイに行きたくなるわけですね。


このとき、血液内の水分が減って濃厚な血液になってしまうので体が水分を要求するので喉の渇きを感じて水分を摂ります。


このサイクルがうまくいっていれば、むくんでしまうことはないんですね。


しかし、体が水分を欲しているにも関わらず、ずーっとアルコールを飲んでいると脳が鈍くなってきて、


  • 血液内では水分が欲しいので体は水分を欲する
  • でもアルコールによって判断の鈍った脳が摂取した水分を血液ではないところに蓄えてしまう
  • 肝臓はアルコールを排出しようとしてトイレに行きたくなる

というように、体は喉が渇いて水分を欲している状態なのにトイレにも行きたくなるということが起こっているようなんです。


この結果、トイレにたくさん行ってるし、喉も乾いているから水分不足かと思いきや、水分が溜まってむくんでしまうということになるのです。


むくみは見栄えも悪くなるしサイズはアップするし女性にとっていいことは1つもありません。次の日の予定のこともしっかりと考えた上で飲み過ぎないように心がけましょう。


どうしても飲み会にも参加したいし、むくみも気になるという場合は、少しでも軽減させためにおつまみなどの塩分をできるだけ控えるか、可能であれば次の日に運動をして汗をかいてから外出するのがいいようです。


基本的に水分の摂り過ぎが原因なので特効薬というものはないので、自分でしっかりと制御するしかなさそうです。


むくみやセルライトが気になる方へ 1日5分でOK!評判のボディマッサージクリーム