水分は取り過ぎても不足してもむくみの原因になる?

水分の摂り過ぎと水分不足、どっちがむくみの原因なの?

水分

足のむくみに悩んでいる方の中には、日々むくみのつらさに向き合っている方も多いのでネット上で原因を調べたりする方も多いようですね。


私も同じように足のむくみをすぐに解決したい一心でいろいろと調ベてみましたが、一番の疑問点が水分の摂り方についてでした。


どういうことかと言うと、むくみを解消するために必要な事として


  • 水分の摂り過ぎ
  • 水分の不足

の両方が挙げられていたのです。


実際に水分は取り過ぎても不足していてもむくみの原因になってしまうのですが、当時の私は全く意味が分からずに、「どっちかはっきりしてよ!」と思ってまた新たな情報を探し続けるようなことの繰り返しでした。


また、自分は水分をあまりとらないのにむくんでいると悩んでいる方に、どうして水分が不足してもむくみにつながるものなんだということを知ってもらえればと思います。


むくみ解消に必要なのはバランス

バランス

さきほども言ったように、「水分の摂り過ぎと水分不足は両方むくみの原因になる」ので、「水分をあまり摂ってないのにどうしてむくみになるの?」なんて悩まないでください。改善に必要なのはバランスなんです。


ただ、むくみの原因は水分の過不足だけでなく、重度の病気が原因ある可能性も考えられるので簡単に原因を突き止められるものではないことは認識しておきましょう(詳しくは足のむくみの原因)。


しかし、むくみの原因を考えるのにいきなり病気のことまで考えると問題を複雑にしてしまって何をすべきなのかわかりにくなってしまうので、まずは基本的な原因を考え、対策をしてみて、全く効果がないという場合に初めて病気の可能性を疑いましょう。


では、基本的な原因は何か?というと、簡単に言うと「バランスを崩してしまうこと」と言えると思います。具体例を挙げて説明してみますね。


水分の摂り過ぎ

例えば、むくみの原因として考えられることの1つに水分の摂り過ぎがあります。水分は血液として体内に栄養を運びますが、過剰な水分は血液として必要ないので血管の外側に排出されて、体の細胞に溜まります(この状態むくみです)。


通常は、細胞に溜まった水分は汗として排出されたり、リンパ管から回収されて腎臓に戻り尿として出ていくはずですが、汗をかかなかったり、リンパの流れが悪かったり、腎臓の処理が追い付かないくらい短時間で大量の水を飲めば排出できずにむくんでしまうわけです。
これは水分の流入量と流出量のバランスが崩れた状態ですね。


水分の不足

次に、水分が不足した場合を考えてみましょう。体の中の水分が不足しても人間は体温を調節しないといけないので細胞に水分を溜めようとするわけです。


しかもこの水分溜めこみ機能は、水を飲んだからと言ってすぐに解除されるわけではなくしばらく続くものなので、喉が渇いてから水分を摂ったとしても、すでに体は必要な水分を確保しよう働いているので、しばらくは尿として排出されずにむくみやすい状態になるのです。体の色々な部分では水分が足りないのに、生きていくために最低限体温調節だけはしっかりやろうとして、体内に水分を保持しようとするわけですね。


これは生きていくために体が水分の流出量のバランスを崩したわけです。


塩分の取り過ぎ

また塩分を摂り過ぎると血液の濃度がバランスを崩すため、調整しようとして水分を流入させようとします(喉が渇く)。しかし、短期間で水分を摂れば排出処理が追いつかなくなるのでむくみます。


これは身体が血液濃度を保つために一時的に流入量を多くすることでバランスが崩れたわけですね。


このように、むくみの原因は自分の意志と関係なくても体がバランスをうまく調整するために起こってしまうことなのです。


つまり、むくみを解消するためには体内の水分の出入り、血液の濃度、細胞の水分の排出機能などをいかに「普通の状態」にしておくかが大切なのです。


よって、バランスの取れていない状態である水分過多も不足もむくみの原因になるのです。


むくみやセルライトが気になる方へ 1日5分でOK!人気の温感マッサージジェル


むくみを解消するために必要なこと

ジョギング

むくみは体が普通の状態を保てれば解消できるはずなのですが、実際にすべてをバランスよく保つことはできませんよね。


必ず一時的にはバランスは崩れるものです


お酒の付き合いだってあるし、運動不足だったり塩分過多になることだってあります。


じゃあどうすればいいのかというと、私の経験上、体内の水分を排出する機能を正常に保てれば多くのむくみは解決します。


具体的にはごく単純ですが運動をすることです。


多くの女性が悩んでいるむくみは、だいたい足のむくみですよね。


これは重力に逆らいながら腎臓に向かって水分を運ぶため、滞りやすいのは仕方がないことなのです。さらにむくみに悩む女性が多いのは、血液やリンパの流れを助けるポンプの役割をする筋肉の量が、男性に比べて少ないためにどうしても足がむくみやすくなるのです。


筋肉が膨らんだりしぼんだりすることによって、血管やリンパ管を刺激して循環を助けているからこそ、デスクワークなどで座りっぱなしでいるとむくんでしまうわけです。

つまり、改善するために必要なのは足の筋肉を積極的に使うということなのです。


実際私はスポーツクラブに通い始めてから、一時的なむくみは感じることはあるものの、以前のように慢性的にむくむことは無くなりました。


多分、足のむくみになやんでいる方はたくさんいると思いますが、その中で日頃から運動をしているのに症状が変わらないと言う人はいないんじゃないでしょうか?


逆に言うと、ほとんどの人が運動しないからむくみに悩まされているわけです。


本当に単純ですが運動は効きます。特にふくらはぎの筋肉をしっかりと動かすことを意識するような運動をすることで足のパンパンは感じなくなるでしょう。


私は飲み会などの次の日に予定があるときは、朝からスポーツクラブで汗をかくようにしていますが、帰る頃にはむくみは解消されて顔もすっきりとした状態になることができています。


どうしても運動する時間があまり取れないという方は、むくみケアのできるサプリメントなどを使ってみるのも良いでしょう。


サプリメントであれば時間がない方でも簡単に続けることができるので、どうしても運動ができないという方で辛いむくみを改善したいのであれば使用を検討してみて下さい。


バンビウォーター


関連ページ

着圧タイツはむくみを解消するのに効果ある?
むくみに悩む女性に着圧(弾性)タイプのタイツやソックスが人気ですが、これから購入を検討している方の中には本当に穿くだけで効果があるのか心配だと思いますので、圧力によってむくみの解消が期待できるメカニズムをしっかりと理解しておきましょう。
足のむくみの原因は?むくみ改善のために原因を知ろう
足のむくみは誰もが経験したことがあるものですが、なぜむくんでしまうのでしょうか?実は原因は様々で病気によるむくみもあるのです。適切な対策ををして早く改善するためにもまずは原因をしっかりと知ることが大切です。
お酒とむくみの関係は?飲み会の次の日のむくみを予防しよう
お酒を飲んだ次の日にむくみがひどかったという経験は誰でもあると思いますが、お酒を飲むとトイレにもたくさん行くし、喉も乾いて水分不足のような気がするのになぜむくんでしまうのでしょうか?
妊娠中の足のむくみの原因は?
妊娠中の足のむくみに悩む方はとても多いですが、その原因はなんでしょうか?また妊娠高血圧症(旧・妊娠中毒症)とむくみの関係についても知っておきましょう。
生理前に足がむくみやすくなるのはなぜ?
足のむくみに悩む方の中で生理前はむくみやすいということを知らない方も多いのではないでしょうか?生理前にむくみやすくなる理由を理解して、うまく対処することで今よりもむくみを解消できるかもしれません。
足だけ太いのはなぜ?むくみ解消によって改善!
足だけ太いという悩みを持つ女性は結構多いのですが、その原因はむくみによるものではないでしょうか?むくみはセルライトを発生させるため、むくみを解消することによって痩せやすい足にすることができるかもしれません。
睡眠不足やストレスが足のむくみの原因になる
睡眠不足やストレスというのは自律神経に影響を与えますが、自律神経は冷え性と密接な関係があります。そのため、睡眠やストレスというものが足などのむくみの原因になってしまう可能性があるのです。
むくみ対策として摂るべき栄養素と食材を紹介
立ち仕事やデスクワークに従事しているとどうしても足がむくみやすくなってしまいますが、仕事中は動けないので改善するのは困難です。そこでむくみに効果の期待できる栄養素と食材を知って、内面からのアプローチを実施してみましょう。
立ち仕事による辛いむくみを緩和するための対策や予防方法を紹介
立ち仕事をしているとどうしてもむくみがひどくなりがちです。ひどい時は痛みを感じるほど辛く、しかも足が太く見えるのでできることなら避けたいものです。そこで辛いむくみの対策方法や予防方法を紹介します。